TASUKU SUZUKI

Tasuku Suzuki is a highly regarded and integral part of Gillis Schifcofske Sports Management – specializing in sourcing opportunities, assisting with Negotiations and the translation of all communications between our company and the vibrant Japanese player market.

Born in Tokyo in Japan and educated and Meiji university/college in Japan and Bond university in Australia, Tas spends half of each year in both Australia and Japan.

Tas gives GS Sports the edge over its rivals as he has a clear understanding of the Japanese market, culture and business manner which is so critical when best packaging deals for our players.

He is respected and welcomed by all Japanese rugby clubs in both divisions and thoroughly enjoys working alongside our players in assisting them with the transition from culture to culture.

GS Sports Management’s involvement in Japanese rugby is growing rapidly and it’s largely thanks to Tasuku Suzuki’s expertise and negotiation skills. We are proud to have him as part of our team.

鈴木 援(すずき たすく)は、ギルズ シフコフスキー スポーツ マネージメントにおいて、 欠かすことができないメンバーです。彼の役割は、我々と活気に溢れた日本での選手の活躍するマーケットの間で、ビジネスの機会を見つけ出し、交渉のアシスタント、そして全ての コミュニケーションの翻訳を行います。

彼は、東京で生まれ、日本、そしてオーストリアの大学を卒業しました。両国での勤務経験 もあることから、両国の文化、及びビジネスも理解しております。そして、現在は、オース トラリアと日本とを行き来しております。

我々選手にとってベストな包括的な諸条件を獲得する際に、日本のマーケット、文化、そして ビジネスについて明確に理解することが重要ですが、鈴木はそれらを理解しているので、我々は、 他の競合相手に比べて、優位なポジションでいることができます。

彼は、日本のトップリーグクラブ、ディビジョンクラブと良好な信頼関係を築いており、また、 異文化へ渡ってきた我々の選手をアシスタントすることをとても楽しみ、誠意を持って取り組 んでおります。

GS Sports マネージメントの、日本ラグビーでの関わりは、急速に発展しており、そしてこれは、鈴木の経験と交渉力によるところが大きく、とても感謝しています。
我々は、彼が我々の一員であることを誇りに思っています。